古材と文化を考える会、公式ホームページです。

サイトマップ| 個人情報保護方針| お問い合わせ先| アクセス| English
古材文化の会
.

イベント備忘録2015年

■住まいの学校『お正月に飾ろう、しめ縄作り』

 住まいの学校では、『お正月に飾ろう、しめ縄作り』─新年は京北の民家に伝わる手作りしめ縄で!─を開催しまました。
【日時】2015年12月20日(日)10:00~15:30
<内容>
【座学】10:00~京北地区のしめ縄、しめ飾りの形や言い伝えの話など
【体験】11:00~ゴボウ型かメガネ型を選び、指導を受けて製作
【講師】西河拓次さん(にしかわ・たくじ/京都市右京区在住)
【定員】25名(定員になり次第締め切り)
【参加費】会員1,500円、一般2,000円、子供(中学生以下)500円。
※材料費、指導代を含みます
【会場】ひと・まち交流館 京都ワークショップルーム(河原町五条下る東側)〒600-8127 京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1
【申込み】12月14日までに古材文化の会事務局までFAX、e-mailなどでお申し込みください。
【主催】認定NPO法人古材文化の会
【後援】(公財)京都市景観・まちづくりセンター

しめ縄作り

■第8期京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)のご案内

歴史ある建物を愛し、その保存・活用にかかわる意思をお持ちの方々へ
歴史的建造物の保存・活用とそれを生かしたまちづくりについて、講義と演習課題で実践的に学びます。修了者は、京都市文化財マネージャー等へ登録できます。
○期間:平成28年1月16日(土)~7月23日(土)

○会場:公益財団法人 京都市景観・まちづくりセンター階ワークショップルーム
 京都市下京区河原町五条下ル東側 ひと・まち交流館京都 地階 

○講座の内容:14日間(のべ66時間)

○受講資格:歴史的建造物の保存・活用やまちづくりにかかわる意志をお持ちの方。居住地や勤務地を問いません。

○受講料:30000円
○募集人数:36人(先着順締め切り)
○募集期間:平成27年10月8日(木)から12月10日(木)

申し込・問い合せは事務局まで=電話075-532-2103/E-mail=bunka@kozai.or.jp

8期文マネ

■第22回定期総会と関連行事は無事終了しました

日頃の皆さまの古材文化の会の活動へのご協力、ご援助に深く感謝申し上げます。 
さて、第22回定期総会を11 月7日(土)15 時40 分から下記のとおり行います 
。 会場は滋賀県大津市小関町3-10 の「ながらの座・座」(元・正蔵坊)です。 
併せて、記念見学会と記念講演会を開催します。記念見学会は三井寺のご厚意により、フエノロサの墓所や新羅善神堂、光浄院客殿、勧学院客殿などをご案内いただきます。記念講演会は総会に先立ち、ながらの座・座で所有者の橋本敏子さんなどから建物の保存・活用に関するお話しを伺います。 
総会は当会の一年間の活動の総括と今後の方針について決定する大切な会議です。また、今回は2年に1 回の役員改選を行う総会でもあります。多くの会員の皆さんにご参加いただき、ご意見をいただきたいと願っています。ご多忙中とは存じますが、ご出席いただきますようお願い申し上げます。 

○総会受付:2015 年11 月7 日(土)13:30~ 会場使用料@500円

○総会場所:ながらの座・座(元・正蔵坊
 滋賀県大津市小関町3-10 電話077-522-2926 

①記念見学会9:30~13:00 @2,500円各自、見学後に昼食をとってください 大津市役所玄関前9:20 集合・9:30 出発 
新羅善神堂(国宝)、法明院・フエノロサの墓、光浄院客殿(国宝)、勧学院客殿(国宝) 
講師:福家俊彦執事長

②記念講演会14:00~15:30 ながらの座・座(元・正蔵坊)座敷
「古建築を守って」ながらの座・座代表橋本敏子さん
「西陣の織屋建ての改修」バルナ・ゲルゲイさん(ハンガリーからの留学生)

③第22 回定期総会15:40~17:20 ながらの座・座(元・正蔵坊)座敷

④交流会18:00~20:00 @4,000円
場所:おで湖電話077-523-4100 *国登録有形文化財(建造物)
住所:大津市中央1-7-18

■弘誓寺(ぐせいじ)の改修工事見学会は無事終了しました

弘誓寺では庫裏の修復工事が始まっています。弘誓寺は1259年(正元元年)に那須与一の2男・願名房宗信が中興とされています。  庫裏の修復工事は約1年間が予定されていますが、古材文化の会は弘誓寺並びに工事関係者の皆さんのご協力でこの工事を活用して寺院建築を勉強する講座を6回シリーズで開催します。  そこで、寺院建築を学ぶ連続講座のキックオフのイベントとして弘誓寺の庫裏半解体工事現場の見学会を行います。関心のある皆さんの参加を歓迎します。なお、本堂と庫裏は天明元年(1781)正月の火災で焼失し、享和3年(1804)頃に再建された建物です。(歴史ある建物調査室) 

○開催日時:平成27年9月6日(日)午後1時30分~午後4時(午後1時30分までに集合)

○集合場所:弘誓寺の門前
 滋賀県東近江市建部下野町282 

○参 加 費:会員3,000円(拝観料、資料代など) 非会員3,500円

○募集定員 25名

○当日7. 責 任 者 事務局 白石秀知 (090-8824-6069)

申し込・問い合せは事務局まで

文マネ修了式

■第7期京都市文化財マネージャー育成講座・課題発表会『わたしが見つけた文化財』は無事終了しました

「京都市文化財マネージャー育成講座(建造物)」は、歴史的建造物の保存・ 活用と、それを活かしたまちづくりについて学ぶ講座です。 平成27 年1月から始まった第7 期講座の最終日は、班ごとに取り組んだ 6件の「わたしが見つけた文化財」の発表を行います。

○開催日時:2015年7月25日10:20~16:30

○開催場所:ひと・まち交流館 京都 2階 大会議室
京都市下京区河原町五条下がる東側(バス停:河原町正面)

○参 加 費:無  料

問い合せは事務局まで

文マネ修了式

■汗をかく企画2015門の改修技術を学ぶ実践講座は、無事終了しました。平成28年度も継続します

古材文化の会の事務所のある京都市東山区の川道家の表門と中門を使って伝統工法での門の改修技術を大工の棟梁や職人さんから学ぶ全6回の実践講座を開催します。  伝統的建築物の維持管理や改修に興味がある方の参加を募集します。木造建築の修理技術を実践的に学ぶことを目的とした講座です。
○開催日時:2015年6月27日(土)、7月18日(土)、7月19日(日)、
          8月8日(土)、8月9日(日)、9月12日(土)
            開催時間は10:00~16:00を基本とします。
○開催場所:京都市東山区本町17丁目354番地の古材文化の会
○定  員:20名   *申込者には詳しいご案内を差し上げます。
 *1日単位の参加については相談に応じますが、全日程の参加者を優先します。
○参 加 費:古材文化の会の会員 25,000円  一般 30,000

問合せ・申し込みは事務局まで

門の改修技術を学ぶ

■KOMOフェスタ2015『飛び出せKOMO丹後地方へ』無事終了しました

今年のKOMOフェスタは京都市内を飛び出し京都府北部の丹後地方を訪問。KOMOの仲間の活動を応援し、古民家について学びます。2日目は、宮津市へ移動し天橋作事組、宮津町家再生ネットワークの取り組みを見学し交流をはかります。
今回のKOMOフェスタは、京都府建築士会の「伝統建築研究会」のみなさんと力を合わせて実施し、互いに伝統建築の保存・活用について考えるのが目的です。
「民家苑」では、価値ある伝統的な古民家三棟を移築し、現在も大事に使用しながら保存活用しています。雪囲いの取り外しや見学を通して、豊かな自然環境の中、建物の歴 史や人々の暮らし方について再考する良い機会になればと考え、14日午前には、永井規男先生と中川等先生に、古民家について見学しながらご講義いただきます。
「宮津町家再生ネットワーク」・「天橋作事組」が改修された『桜山長屋』。1軒は宮津町家再生ネットワークがカフェとして改修し、1軒は天橋作事組が改修し、宮津町家再生ネットワークが貸スペースとして運営されています。
町家暮らしの提案ショップとして、又、想像力豊かな作家たちの紹介スペースとして、来店された方に暮らしの彩りを与えています。
14日午後は、大村利和氏(天橋作事組)・羽田野まどか氏(宮津町家再生ネットワーク)にその取り組みについてご説明いただきます。他にも移住コンシェルジュの川渕一清氏 にお話いただきます。

【と き】2015年6月13日(土)・14日(日)

2015KOMOフェスタ表 2015KOMOフェスタ裏

■先達の口伝21期第1回永井先生を囲む『桂昌院とその建築』は、無事終了しました

「先達の口伝」は建築各職の先達の話をじっくりと聞く講座です。

今回は、永井先生が最近研究を進めておられる桂昌院とその建築についてのお話を伺います。

【と き】2015年4月4日(土)14時~16時

【場 所】ひとまち交流館京都地下1階(公財)京都市景観・まちづくりセンターワークショップルーム

【参加費】古材文化の会の会員 1000円、一般 1500円

【定 員】 30名

■永井先生と歩く③『本塩竈町の寺々』は無事終了しました

京都市下京区本塩竈町は、ひと・まち交流館京都の西側に位置し、今も通り沿いにいくつかの寺院が密集しています。

このあたりの寺院は秀吉が整備した天正以後のはずですが、中にはそれより古い建築様式や部材が残っているそうです。今回の「永井先生と歩く」では本塩竈町のお寺を巡ります。

【と き】2015年4月18日(土)9時30分~16時

【集合場所】ひと・まち交流館京都 玄関ロビーに9時30分

【参加費】古材文化の会の会員 2500円、一般 3000円

【定 員】30名(先着順)

■第5回古材市は無事終了しました

5月で第5回目を迎えることになりました。

【と き】2015年5月5日(火・こどもの日)・6日(水)時間未定

【場 所】川道邸露地

【出店費】古材文化の会の会員 1500円、一般 2000円


.